仕組み本 in 池袋

共著者の高橋です。はじめての投稿です・・・!
先日、池袋駅で書店を周ってみました。マーケティングというか、販売店への挨拶というか。とにかく自分の本が売られている現場をチェックしたい。そんな思いからのアクションです。とはいえ、実は新宿や渋谷、神田の書店はすでに足を運び、ビジネス書担当の方に挨拶しました。そのときの担当の方から温かい励まし、「売れているよ」というありがたいお言葉。その体験をもう一度・・・そんな浅はかな気持ちもありました。
まずはジュンク堂池袋本店。ご存知日本一の品ぞろえを誇るメガ書店。ビジネス書担当は女性の方でした。少々硬くなりながらも著者であることを告げると、驚くほど深く頭を下げていただきました。本当に恐縮です・・・。名刺交換をしつつ売行きをきくと、これが好調の様子。うれしい限りです。
 次に足を運んだのはリブロ池袋本店。西武百貨店に連なるこれもビッグな書店です。訪ねると、ビジネス書担当の男性が平積みされている売場まで案内してくれました。恐る恐るチェックすると、もうすでに残り3冊。
増刷分がすでに入荷済みのはず。かなりの勢いで減っている様子がうかがわれました。
思えば7月20日の発売され、日経新聞に広告が掲載され、読売新聞経済面の「経済図書室」で取り上げていただき、さらにもう一度日経に広告が掲載され・・・。そのたびにアマゾンのランキングが上昇し、多くの方々に買っていただける幸せを実感してきました。その上リアルでもこんなにも多くの読者の方々に関心を持っていただけているとは、まさに著者冥利につきるのひとことです^^;
今はもっと仕組みが知りたい。ケーススタディを集めたい。そんな気持ちです。もし皆さんが知っている仕組みがあればぜひ教えてください! 私どもが足を運び、取材します! そして、次回の“仕組み本第2弾”で取り上げさせていただきます! 皆さんのご応募を楽しみにしていますね・・・

週刊オリラジ経済白書

ちょっと書くのが遅くなってしまったのですが。。。 先週火曜(8/21)の「週刊オリラジ経済白書」なる番組で、 「ほっとくだけで儲かる楽ちん商売」という特集をやっていましたね。 私は全くノーチェックだったのですが、たまたま妻が気付いて録画しておいてくれたのを、先週末、ようやく見ました。 「仕組み」の定…

2度目の増刷!

うれしいご報告です。
本日、光文社の担当編集者から、
『結局「仕組み」を作った人が勝っている』につき、
2度目の増刷が決定した、との連絡を受けました!
初版が1万2000部、
2刷が5000部、
そして今回の3刷がまた5000部ですので、
累計で2万2000部となります。
初版の発売からまだ1カ月足らず、
しかも2刷が出てわずか1週間での3刷決定ということで、
私も共著者の高橋も、正直、びっくりしています。
ご購入いただいた方々、本当にありがとうございます!
尚、3刷決定のささやかなお祝いとして、
私、本日、ipod nano 4GBを購入してしまいました。
全然、「仕組み」と関係ないですね。。。
ではでは。
荒濱

「仕組み」ブログ立ち上げについて

はじめまして。
光文社ペーパーバックスより発売された、
『結局「仕組み」を作った人が勝っている』
という本の著者の荒濱一(あらはま・はじめ)と申します。
この本ですが、おかげさまで売れ行き好調。
amazonの全書籍ランキングで最高22位まで浮上、
トーハン調べの全国書店売り上げランキング ビジネス書部門でも10位を獲得し、発売から10日で増刷がかかりました。
(ご購入いただいた皆様、本当にありがとうございます)
そうこうしているうちに、各方面から、
「何で著者のブログがないんだ」とのご意見を頂戴することが多くなり(汗)、
遅ればせながら本日、立ち上げることにいたしました。
本書でいう「仕組み」とは、
「自分がさほど動かなくても自動的に収入を得られるシステム」
を指します。
このブログを通じて、私から「仕組み」に関する最新情報をどんどん提供させていただくと同時に、
皆様からもご自身の周囲にある「仕組み」について、教えていただければうれしいです。
特に「実は私もこんな『仕組み』を作った!」「知り合いがやっているコレって『仕組み』じゃないの?」といった情報ありましたら、
arahama@gmail.comまでお気軽にメールください。
「これは!」というものにつきましては、取材のうえ、「仕組み」シリーズ次回作で取り上げさせていただければと思います。
そのうち「仕組み」オフ会なども開催できれば面白いですね。
では今日はこんなところで。
荒濱