いよいよ発売日! 三省堂有楽町店には巨大な看板が!

皆様 連休はいかがお過ごしでしたか? 私は家族・友人と、那須にキャンプに行って参りました。 完全にリフレッシュできました。やはり自然は素晴らしいですね! さて、いよいよ 『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』の発売日がやって来ました! とはいえ、書店に並ぶのはおそらく本日夕方から、 Amazo…

驚き! 発売前なのにAmazonランキング急浮上!

皆様 Amazonキャンペーンへのご応募、どしどしお願いします。 「仕組み」チェックシートはかなり使えます。 伝説の「仕組み」セミナー動画も面白いですよ! (特に冒頭が) ちなみにキャンペーンサイトは、 われわれ著者の古くからの友人のプランナー、加賀谷友典君が、 非常に厳しいスケジュールの中、バッチ…

Amazonキャンペーンサイト、プレオープンです!

高橋です。
待望のAmazonキャンペーンサイトの作りこみ作業が先ほど終了し、
いよいよネット上に開設されました!
Amazonキャンペーンは、7月21日(月)~31日(木)の予定ですが、
待ちきれず、プレオープンとして、一足早く立ち上げてしまいました。
皆さんには、特別にURLをお教えします!
『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』キャンペーンサイト!
http://www.shikumi.org/campaign/
です!
皆さんももしできましたら、このキャンペーンサイトを
ご友人や知人の方にぜひ紹介していただければと思います!
また、これもできましたら、キャンペーンにご参加いただき、
今だけの“2大特典”を、ぜひGETしてください!
(すでにAmazonの紹介ページは立ち上がっているので、
購入の予約はできます!キャンペーンサイト経由で
飛べますので、こちらもぜひチェックを!)
特典は門外不出のレアな特典です!(と筆者は勝手に思っています・・・)
 では、いよいよ来週休み明けには仕組み本第2弾
『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』
が店頭に並びます。
皆さん、何卒よろしくお願いします!
また色々と報告します。
高橋

『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』発売まであと1週間!

皆さんお久しぶりです。高橋です。
さて、先日からご案内している通り、
『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』の発売が
本日(7月16日)を入れて、ついに1週間後(7月22日)となりました。
昨夏の第1弾『結局「仕組み」を作った人が勝っている』の発売からちょうど1年後。一時は試行錯誤が続き、本当に世に出すことができるのか不安になったときもありましたが、ようやく日の目を見ることができそうで、正直ホッとしています。
 今はこの本を売るための様々なプロモーションプランを企画し、進めてます。
その1つが「特設サイト」の開設です!
ただいま準備中ですが、発売日の7月22日には公開できると思います。その際には、このサイトでもURLをご案内しますね。
特設サイトでは、サプライズなプレゼントも用意しています!それは、もうレア中のレアなものです。楽しみにしていてください!
では、また報告します。

『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』、Amazonで予約可能に! 本書の内容をついにご紹介します!

ちなみに、 『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』 につき、 すでにAmazonで予約が可能になっています! 表紙画像も見られます。 いやあ、この時点ですでに感慨深いものがありますね。。。 って、まだまだこれからなのですが。 今回は、Amazonキャンペーンを行う予定。 キャンペーンサイトの作…

田中正博さん著書読了!

こんばんは。荒濱です。 本日は出張で大阪に行って参りました。 大阪は暑いですね。。。 さて、先日ご紹介した、田中正博さんの 『36倍売れた! 仕組み思考術』 読了しました。 やはり素晴らしいです! 改めて書いておくと、 田中さんは神奈川県平塚市で保険代理店を経営しています。 社員は全員、「保険ド素人…

『出逢いの大学』、『ラクをしないと成果は出ない』

こんにちは、荒濱です。 先日、ご紹介した2冊の本、 『出逢いの大学』 『ラクをしないと成果は出ない』 につき、「機会あれば内容ご紹介します」と言っておきながら、 まだ書いていませんでしたね。 簡単に。 まず、『出逢いの大学』については、 転勤で広島から上京し、 友達ゼロの状態から、 わずか3年で30…

田中正博さん著書発売

こんばんは。荒濱です。 『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』につき、ようやくゲラチェックが終わり、あとは最終チェックをして校了となります。 今回は、前作に比べ、ページ数が大幅に増加して300P程度になります。 (ちなみに前作は230P程度) それだけにゲラチェックも大変でした。 「ページ数が…

« go back