shikumibanner.jpg

仕組み本 in 池袋

Posted on 8月 30, 2007

共著者の高橋です。はじめての投稿です・・・!

先日、池袋駅で書店を周ってみました。マーケティングというか、販売店への挨拶というか。とにかく自分の本が売られている現場をチェックしたい。そんな思いからのアクションです。とはいえ、実は新宿や渋谷、神田の書店はすでに足を運び、ビジネス書担当の方に挨拶しました。そのときの担当の方から温かい励まし、「売れているよ」というありがたいお言葉。その体験をもう一度・・・そんな浅はかな気持ちもありました。

まずはジュンク堂池袋本店。ご存知日本一の品ぞろえを誇るメガ書店。ビジネス書担当は女性の方でした。少々硬くなりながらも著者であることを告げると、驚くほど深く頭を下げていただきました。本当に恐縮です・・・。名刺交換をしつつ売行きをきくと、これが好調の様子。うれしい限りです。

 次に足を運んだのはリブロ池袋本店。西武百貨店に連なるこれもビッグな書店です。訪ねると、ビジネス書担当の男性が平積みされている売場まで案内してくれました。恐る恐るチェックすると、もうすでに残り3冊。
増刷分がすでに入荷済みのはず。かなりの勢いで減っている様子がうかがわれました。

思えば7月20日の発売され、日経新聞に広告が掲載され、読売新聞経済面の「経済図書室」で取り上げていただき、さらにもう一度日経に広告が掲載され・・・。そのたびにアマゾンのランキングが上昇し、多くの方々に買っていただける幸せを実感してきました。その上リアルでもこんなにも多くの読者の方々に関心を持っていただけているとは、まさに著者冥利につきるのひとことです^^;

今はもっと仕組みが知りたい。ケーススタディを集めたい。そんな気持ちです。もし皆さんが知っている仕組みがあればぜひ教えてください! 私どもが足を運び、取材します! そして、次回の“仕組み本第2弾”で取り上げさせていただきます! 皆さんのご応募を楽しみにしていますね・・・

@仕組み掲示板へ
トラックバック URL

Leave a Reply