shikumibanner.jpg

中山マコトさん、臼井由紀さん、斉藤正章さんの新著を紹介します!

Posted on 1月 12, 2009

明けましておめでとうございます!
って、ちょっと遅いか。荒濱です。

このところ、今更ながら米国のテレビドラマ、
“LOST”に思いっきりはまってしまい。。。

購入した本が、どんどん積み重なっていく。。。
ヤバイですね。

さて、そんな中、最近親しくさせていただいている方々が、
続々と本を出されています。
ご紹介しましょう。

まずはキキダス・マーケティングで知られる、
マーケティング、販促、コピーライティングの大御所・中山マコトさん。
年末、一緒に盛大な忘年会を開催させていただきました。

新著はコチラ↓

『お客様は神様か?』

マイコミ新書 お客様は神様か?~売れない時代の新しい接客・サービス~ (マイコミ新書)

中山さんの本といえば、人目につくド派手な表紙でおなじみですが、
今回は新書ということで落ち着いた感じ。

「お客様は神様です」という言葉について考えることからスタートし、
接客・サービスの誤った常識を「呪い」として定義。
この「呪い」を解いて売り上げをアップさせるための方法について解説されています。

・今までこのやり方でやってきたから
・みんながそのようにやっているから
・流行しているから
・上司が言うから
・取引先の指示だから

こうした「呪い」に、我々がいかに支配されているかがよ~くわかります。
特に直接、お客さんと接する商売をしてらっしゃる方には必読の1冊でしょう。

続いて、こちらもこのところ、いろいろなところでお目にかかっている、
「マネーの虎」出演でおなじみの臼井由紀さんの新著。

『今日からできる上手な話し方』

今日からできる 上手な話し方

会社経営の傍ら、
年間100回以上の講演をこなし、
名講演者としても名高い臼井さんが、
ビジネスからプライベートまで、あらゆる場面で活用できる
「話し方のコツ」について書いた1冊です。

驚いたのは、臼井さんがその昔、
吃音症に悩まされ、人と接することすら避けていた時期があったということ。

そんな苦難を、自身の努力と意志で乗り越えてきたからこそ、
書かれている内容にも説得力があります。

『「話し上手」になるのではなく、「伝え上手」になればいい』
という臼井さんのコミュニケーションに対する根本的な姿勢には、本当に共感できますね。

実際にお会いする臼井さんも、
大物なのに偉ぶったところなどみじんもなく、
常に気さくに話しかけ、こちらの話もじっくりと聞いてくださる。

本に書いてある内容と、実際の臼井さんから感じることの間に、
いささかの乖離もない、という点が、
僕がこの本をお薦めする理由でもあります。
(要するに、上っ面だけを書いているのではないということですね)

1/14~15にかけて、アマゾンキャンペーンをされるそうですので、
興味もたれた方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

http://www.dr-yuki.com/seminar/081225amazon.html

さらに。
我々の『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』にもご登場いただいた、
システムトレーダーの斉藤正章さんも、
2冊の本を出されました。

『斉藤正章の 株 勝率80%の逆張りシステムトレード実践テクニック』

斉藤正章の「株」勝率80%の逆張りシステムトレード実践テクニック

『かんたん図解 しっかり儲ける日経225mini入門』

かんたん図解 しっかり儲ける 日経225mini入門

前者は、我々の本でも「仕組み」づくりの有効な手段の1つとして紹介させていただいた、
「完全な機械化投資法」であるシステムトレードについて、
具体的な考え方と手順を明らかにした本。

自身の経験に基づく、
システムトレードにまつわる最先端の知見がたっぷりと盛り込まれており、
これからシステムトレードにチャレンジしてみようという人には
最高の教科書になること請け合いです。

後者は、システムトレードにも用いやすい、
日経225miniを使った株式投資について解説した本。

僕にとって非常に面白かったのは、
斉藤さんと共著者の田平さんの対談部分。
2008年10月の株の暴落時にも、
全く動じずシステムのルールを守ってトレードしていたという斉藤さんの
「淡々と続けるだけですよ」
という言葉に、さすがだなあと。

こちらも株による「仕組み」づくりを考える方は、ぜひ読んでみたらいかがでしょう?

では長くなりましたが、今日はこんなところで!

荒濱

@仕組み掲示板へ
トラックバック URL

Leave a Reply