shikumibanner.jpg

行き方自体を考え直す

Posted on 1月 23, 2009

こんにちは。荒濱です。

『サイゾー』という雑誌(僕、この雑誌好きで、毎号買ってるんですよ)の今月号に、

サイゾー 2009年 02月号 [雑誌]

株式会社ブロンコビリーというステーキハウスチェーンの社長のインタビューが載っていて、
その中に、「おおっ!」と思わされる言葉がありました。

「人と待ち合わせをしていても、
遅れる時間が5分程度だったら、
そこまでの行き方自体は変えないと思うんですよ。
車のスピードを上げるとか、
今のやり方で間に合わせようとする。

でも、30分、1時間、と遅れるような状況になると、
行き方自体を考え直すんです。
車を降りて、新幹線に乗り換えたら、
案外間に合ったりするんですよ。
大きな失敗をすると、白紙から考えるようになる」

何とも含蓄があるなあと。。。

今、世の中全体が「景気が悪い、景気が悪い」って
縮こまっちゃってるような感じですが、
実はそれって、今までの延長線上で物事を考えているからじゃないかと。

何だかんだ言っても、人って「ちょっと下がり目だな」と感じていても、
それまでのやり方を若干変えたりすることで、
対処しようとしがちですよね。

でも本当に「これまでのやり方じゃダメなんだ!」
と追い込まれたら、
ガラッとやり方を変えざるを得なくなる。
要するに、
「車を降りて、新幹線に乗り換え」なくちゃいけなくなるわけです。
そこでまた新しいビジネスなり、「仕組み」なりが生まれてくるんじゃないでしょうか。

そう考えると、「景気が悪い」っていうのは、
ある意味、結構、大きなチャンスでもあるのではないかと思います。

な~んてまあ、たまにはこういうカッコいいことも言ってみようかと(笑)

ではでは!

荒濱

@仕組み掲示板へ
トラックバック URL

Leave a Reply