shikumibanner.jpg

もはや必須のビジネススキル! 「話し方」と「声」を学んでみては?

Posted on 3月 16, 2009

こんにちは、荒濱です。

【実践!「仕組み」作りセミナー vol.1】からはや1週間ちょっと。
何とか確定申告も終わらせ、ほっとしております。
なんで毎年、ギリギリになってしまうのだろう、と反省しきり。
午堂登紀雄さんの『突き抜ける!時間思考術』を、
もう一度、熟読すべきですね(笑)
「突き抜ける!」時間思考術

さて、本日は、皆様にお知らせしたいイベントがあります。

お友達で、午堂登紀雄さんのご親戚でもある、秋竹朋子さんと、
経営コンサルタント野田宜成さんのコラボセミナー
~「話術」と「声術」を学んで~
ズバリ伝わる〈話す力〉アップセミナー
~伝えたことではなく、伝わったことがすべて~

■日時 3月19日(木) 18:30~20:50
■主催 (株)ビジネスミート
■場所 品川イーストワン21F

第1講座 話術 野田宜成
『アンケートで98%の人が「また来たい」と答えた話術』
第2講座 声術 秋竹朋子
『人の心を掴むビジネスパーソンになるために』

下記、ちょっと長いですが、セミナーの内容です。
(秋竹さんからいただいたメールの抜粋です)

==============================================================

伝えたいことがあるけれども、なかなか伝わらない・・・
そんな経験、ありませんか?

アメリカのオバマ大統領のスピーチは
多数の人が分かりやすい内容で、
興味を持つ展開かつ引き付けられる内容を
聞きやすい声、つまり伝わりやすい声質で話しています。

オバマ大統領は伝えたいことを伝える方法として
スピーチの内容 → スピーチプランナー
外見    → ビジュアルコンサルタント
声     → ボイストレーナー
を取り入れ、「伝える」ことが大幅にアップしています。

このセミナーでは
伝えるために必要な「話術」と「声術」の両方を
マスターできる話す力がアップする内容となっています。

話 術 (話す内容)

・伝わるには「捨てる話」と「必ず言う話」
相手が何を聞きたいのかを考え、伝えたいことを決めておきます。
その中で一見説明に必要かと思われる話でも、
時には捨てることが大切なのです。

・話のツカミ4つの方法
・質問型
・告白型
・視覚型
・ストーリー型
話の冒頭でどれだけ相手を惹きつけられるか?
皆が聞きたくなるような話始めの一言とは!?

・間の魔術
会話の達人は3つのポイントで間を使いこなす。

このようなポイントを押さえた話術で、
98%の人が「また来たい」と思えるセミナーを開催しています。

声 術 (話し方)

「抜群の聴力」を持つカリスマ講師・秋竹朋子氏が
「声」の悩みの原因を究明し、
「声」の仕組みを知り尽くした豊富な知識と技術で、
1人1人の「声」のウィークポイントを聴き分け、
その人に合った「声質」へと導きます。

ビジネスマンの「声」を中心に、NHKアナウンサーの声作り、セミナー講師、滑舌の悪いビジネスマン、全国で企業研修を行い、
ビジネス・プライベートにおける「モテ声」の出し方が人気となっています。

どんな人でも、正しいトレー二ングを行えば翌日からでも効果が実感できる、
今までにない特殊なレッスン方法で指導致します。
呼吸、発声法、発音さらには姿勢矯正などのトレーニングを行い、
正しい「呼吸・発声・発音」の習慣が形成され、
常に良い声がだせるようになります。
■参加費(すべて、消費税込)  10,500円
■持ち物  鏡 (必須アイテムです!!)

==============================================================

秋竹さんは、まさに七色の声の持ち主!
シチュエーションに合わせて自由自在に声を使い分けることができ、本当に驚かされます。

実は僕も、【実践!「仕組み」作りセミナー vol.1】で話をさせていただくにあたり、
事前に秋竹さんから
「荒濱さん、アゴを引いて話すといい声が出ますよ!」

とアドバイスもらっていたのですが、
本番では、緊張からか、すっかりアゴ、上がりっぱなしで(苦笑)

本気で秋竹さんに弟子入りしようかと思案中です。

ともあれ、「話し方」や「声」って大事ですよね。
第一印象のかなりの部分を占めますから。
ビジネススキルとしても、今後、ますます注目されるのではないでしょうか?
ご興味を持った方はぜひ!

申し込みはこちらから↓

http://lohas-yokohama.com/bcb-sanka.html

残席わずかだそうです。

もちろん僕も参加させていただきます!

ではでは!

荒濱

@仕組み掲示板へ
トラックバック URL

Leave a Reply