shikumibanner.jpg

プロレスラー・三沢光晴が死んだ。

Posted on 6月 14, 2009

千葉智之さんの
『出逢いの大学』の二次会で、
めちゃくちゃ楽しい時間を過ごし、

上機嫌で帰りの電車に乗っていたところ、
友人のアンチエイジングオヤジさんから携帯にメールが。

「なんだろ?」
と思って画面を見ると、ひと言、

”三沢光晴が死んでしまいました。合掌”

嘘だろ、そんなわけないだろ。

そう思いながら、あわててスポーツ新聞のサイトにアクセスしたら、

・・・本当でした。

バックドロップで、頭を強打して、そのまま亡くなった。

あの三沢が。
受け身の達人の、あの三沢光晴が。

ショックで言葉もありません。。。

主宰するプロレス団体の社長業をこなしながら、リングに立ち続ける。
そしてこの春には、長年続いた日本テレビのテレビ中継も打ち切られてしまった。

そんな中での、突然の死。
僕らが思う以上に、心身共に疲れ切っていたんじゃないでしょうか。

僕は、三沢さんに直接、お会いしたことはないし、
正直、試合を生で観たこともないのですが、
プロレス雑誌なんかで、その誠実な人柄を物語るエピソードを読んで、
「この人は立派な人なんだなあ」と思っていました。

例えば。
(ちょっとうろ覚えではありますが)

三沢さんが以前所属していた団体を、ずっと前に離脱し、
別の小さな団体を主宰していた選手が、
病気のため、引退することになった。
その時、三沢さんは、
「ちゃんと引退興行をやらないとダメだよ」といって、
自分の団体が中心となって、
盛大な引退興行を開催し、花道を飾ってあげた。
(引退興行の収益は、引退する選手のものになります)

マスコミに、「なぜそこまでしてあげるのか?」
と聞かれた三沢さんはひと言。

「彼は俺の、昔からの大事な友人だから。理由はそれだけ」

・・・。

心からご冥福をお祈りします。

荒濱

@仕組み掲示板へ
トラックバック URL

Leave a Reply