shikumibanner.jpg

午堂登紀雄さん、臼井由妃さんの新著をご紹介! どちらもいい本だなあ。。。

Posted on 7月 27, 2009

こんにちは。荒濱です。

いやもう、カーッと暑くなるかと思えば、
いきなり大雨が降ってきたりして、
わけがわかりませんね。

さて、本日は2冊ばかり本のご紹介を。

まずは、このブログではおなじみ、
『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』にご登場いただいた、
午堂登紀雄さんの新刊

『頭のいい人だけが知っている お金を稼ぐ読書術』
ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー

これ、かなりオススメです!

ビジネスで成功している人の多くが読書家である、
というのは、僕も取材体験を通じて実感していたこと。

「仕組み」本に登場していただいた方々も、
ほぼ例外なく、よく本を読んでらっしゃいました。

ただし、
「じゃあ読書をたくさんすればビジネスで成功できるのか?」
というと、決してそうとは言い切れないわけで。

本書で午堂さんも書いていますが、
もしそうだったら、書評家の人など、
みんな大金持ちになっていないとおかしいですからね。

では、どうすれば「お金を稼ぐ」ことに直結する
=投資に見合ったリターンをきっちり回収するばかりでなく、
何倍ものレバレッジをかけられる読書が可能になるのかを
わかりやすく提示しているのがこの本です。

「複眼読書」など、すぐにでも試してみたくなるテクニックが満載。
「なるほど、午堂さんは、こうやって『本』をツールに
思考力、発想力を磨いてきたんだな」ということが、よ~くわかります。

そしてもう1冊。
こちらも最近、とてもお世話になっている
元「マネーの虎」、臼井由妃さん

『いい仕事をする人の3つの断り方!』
いい仕事をする人の3つの断り方!

この本も好著です!

「断る」って、簡単なようで結構難しいですよね。

僕のようなフリーのライターは、
「来た仕事は断らないのが鉄則」なんてよく言われます。
でも、実際問題、体は1つしかないので、
物理的に引き受けるのが無理、ということもありますし、
どうしても気が進まない仕事だってある。
で、悩んじゃったりするわけです。

そんな悩みを、見事に解決してくれるのが本書。
ただ単に「NO」というのではなく、
相手にとっても自分にとってもプラスになる
建設的な「NO」の言い方を、しっかりと伝授してくれます。

「断る」ための技術の根底に、
いかにも臼井さんらしい、
細やかな心配りや、人間関係を大事にする気持ちがあることも
充分に伝わってきて、
その点もとても勉強になりますね。

そんなわけで、2冊とも、絶対に一読して損はナシ!
ぜひ手に取ってみてください。

ではでは!

荒濱

@仕組み掲示板へ
トラックバック URL

Leave a Reply