shikumibanner.jpg

イベント業界にも仕組み?

Posted on 11月 7, 2007

高橋です。

先日、私がお仕事を手伝わせていただいている会社で突然声をかけられました。

「高橋さんって、下の名前、学さんって言うんですよね。もしかして、『仕組み』について本を書いてませんか・・・?」

声をかけていただいた方は、その会社で何度もお見かけしていました。でも、お話したことはなかったので、正直一瞬戸惑いました。でもすかさず「そうです」と満面に笑みで答えると、「やっぱり! 本読みましたよ。いい本を書かれましたね!」と、お褒めのお言葉。

それはそれは、うれしかったですよ。自分が仕事でお世話になっている会社の方が、私の著書とは最初は知らずに読んでいただき、もしかして、あの高橋さん? と声をかけていただき、その高橋さんだったわけですから。この偶然の連鎖というか、流れというか、自分のライター人生の中でもかなり上位にランクされるほどの感激体験でした。

その方はイベントの専門家の方なのですが、イベント業界も単発のタマをこなすだけでなく、仕組み的なものが必要だと考えられていると聞きました。

イベントで仕組み。私の頭の中で現実的なアイディアは浮かばないのですが、おそらく考え抜けば何か知恵が出てくるはず。イベントノウハウをすべてのジャンルで通用する普遍的なパッケージにして販売するとか、イベントの内容をDVD化して情報商材として販売するとか。

これは私の浅はかな知恵ですが、おそらくその方の頭のなかでは、もっとブラッシュアップされた構想が描かれていることでしょう(今度聞いておきます・・・)。どの世界にも先見の明を持つ方はいらっしゃるのだと、思わず感心させられてしまいました。

前にも大手の飲料・医薬品・化粧品メーカーに務める友人が、「自分の会社でも常に仕組みづくりを考えている」と言っていたのを思い出します。考えてみれば、仕組みは個人だけでなく、企業にとっても喉から手が出るほどほしいもの。ビジネス感度の高い人なら、その究極の手法を目指すのは至極当然のことなのかもしれません。

また、「高橋さんって、もしかしたら・・・」なんていう、第二、第三のサプライズを体験したいものです。ではまた別の話題があればご報告します。

@仕組み掲示板へ
トラックバック URL

Leave a Reply